ジプシー ウィーンミュージカル

「ジプシー」

 

*1959年にブロードウェイで初演されたミュージカル*

作曲:ジューリー・スタイン

台本:スティーヴン・ソンドハイム

 

物語はアメリカ合衆国のストリッパー、女優、作家ジプシー・ローズ・リーの回想録です。

前半生

ジプシー・ローズ・リーは、エレン・ジューン・ホーヴィックとして1911年、ワシントン州シアトルに生まれた。妹が生まれたときにエレンという名前が妹に与えられ、ローズ・ルイーズに変えられた。母親はのちに娘たちふたりの年齢を3歳若く偽った。彼女は最初は、ミドル・ネームのルイーズ(で知られた。母ローズ・ホーヴィック。旧姓ローズ・エヴァンジェリン・トンプソンは、ノルウェー系アメリカ人ジョン・オラフ・ホーヴィックと結婚したとき、女子修道院付属学校を卒業したばかりで十代であった。結婚当時、ジョン・オラフ・ホーヴィックは『シアトル・タイムズ』の新聞広告の営業員で記者であった。ルイーズの妹エレン・エヴァンジェリンは、1913年に生まれた。[

両親が離婚したのち、少女たちはヴォードヴィルに出演して一家を支え、そこではジューンの才能が輝くいっぽうで、ルイーズはバックでジューンを支える役割にとどまった。1928年12月、15歳でジューンは、一座のダンサーのボビー・リードと駆落ちしたが、母のローズはこれが不満であった。

 

経歴

ルイーズの歌とダンスの才能はジューンのいない一座を支えるには不十分であったが、ルイーズにバーレスクの才能があり、これで十分な収入を得ることができるとわかった。最初のうち、ルイーズはガウンの肩紐を落とした時、身体をおおいかくそうとしたにもかかわらずドレスを足元に落としてしまったという。観客の反応がよかったため、ルイーズはこうした機軸をパフォーマンスの中心にすることにした。[6]ほとんどのバーレスクパフォーマーのぎくしゃくしたストリップ・スタイルと比較して、ルイーズのカジュアルなスタイルは新機軸といえるものであった。ルイーズは「ストリップティーズ」のうち「ティーズ」を強調し、鋭いユーモアのセンスもパフォーマンスに持ち込んだ。ストリップのスタイルのみならず機知でも有名であった。芸名を「ジプシー・ローズ・リー」に変えたのち、ミンスキーズ・バーレスクの最大のスターのひとりとして4年間出演した。しばしばミンスキー・ブラザーズのショーへの手入れで逮捕された。

1937年と1938年にルイズ・ホーヴィックとして5本のハリウッド映画に出演した。しかし、彼女の演技は総じて酷評されたため、彼女はニューヨークに戻り、そこで映画プロデューサーのマイク・トッドと関係を持ち、その1942年のミュージカル・レヴューStar and Garterを共同製作し、これに出演した。

ジプシーが「高級な」ストリッパーであるという考えにもとづき、H.L.メンケンは(脱衣者)という新語を造り出した。ジプシーのストリップ中に口にする知的なおしゃべりは、リチャード・ロジャーズとロレンツ・ハートの『夜の豹』のなかの曲「Zip!」で茶化されている。ジプシーが知的なおしゃべりを含んだ出し物の省略版を演じているところは、1943年の映画『ステージドア・キャンティーン』で見ることが出来る。

1941年に、ジプシー・ローズ・リーは、ミステリー・スリラー『Gストリング殺人事件』を書いたが、これは1943年にバーバラ・スタンウィック主演でLady of Burlesqueとして映画化された。これは実際はゴースト・ライターのクレーグ・ライスによって書かれたと断言するひとびともいるいっぽうで、原稿とリー自身の手紙類により、ジプシーがライスや友人で師である編集者ジョージ・デーヴィスその他の指導のもとに小説の大部分を書いたことを証明するできると考えている者もいる。リーの殺人事件ミステリー第2作Mother Finds a Bodyは、1942年に発行された。

 

人間関係
 

ミンスキーのところで働くあいだ、ジプシー・ローズ・リーは、コメディアンのラグズ・ラグランド(Rags Ragland)からエディ・ブランズ(Eddy Bruns)に至るさまざまな人物らと関係を持った。1937年8月25日、ハリウッドで、映画スタジオの強い勧めで彼女はアーノルド・「ボブ」・ミジー(Arnold "Bob" Mizzy)と結婚した。ジプシーはあるときマイク・トッド(Mike Todd)に恋していたし、そして1942年に彼に嫉妬させようとして彼女はアレクサンダー・カークランド(Alexander Kirkland)と結婚した。ふたりは1944年に離婚した。カークランドと結婚しているあいだ、1944年12月11日に彼女は、オットー・プレミンジャーを父とする子を産んだ。その子は名前はエリック・リーと付けられ、エリック・カークランド、エリック・ド・ディエゴ、そしてエリック・プレミンジャーとしてつぎつぎに知られている。ジプシー・は1948年にジュリオ・ド・ディエゴ(Julio de Diego)と三回目の結婚をしたが、最後には離婚した。

ジプシー・ローズ・リーと妹ジューン・ハヴォックは、母から金の無心を受け続けたが、母はニューヨーク州ハイランド・ミルズの農場のほかに、マンハッタンのウェスト・エンド・アヴェニューの10室のアパートメントに女性のための賄い付き下宿屋(ジプシーによって彼女のために賃借された財産)を開いていた。ローズはその下宿人のうち1人を撃ち殺したが、この女性はローズの恋人で、ジプシーの息子エリック・リー・プレミンジャーによる説明によれば、彼女はジプシーに言い寄っていた。事件は自殺として処理され、ローズは刑事訴追されなかった。[10]母ローズは1954年に結腸癌で死亡した。

 

晩年

母の死後、姉妹はこれで訴訟される危険を冒さずに彼女について自由に書くことができると感じた。ジプシーの『ジプシー』という回想録は、1957年に刊行され、ジュール・スタイン、スティーヴン・ソンドハイム、アーサー・ローレンツに、ミュージカルGypsy: A Musical Fableへの霊感を与える素材として受け取られた。ジューン・ハヴォックは作品での自分の描かれ方が気に入らなかったが、最後には金銭が支払われて納得したという。劇とそれに続く映画の契約はジプシーに一定の収入を確約した。姉妹は疎遠になった。今度はジューンが自らの視点からEarly HavocとMore Havocを書いた。ジプシー・ローズ・リーは次に、朝のサンフランシスコのKGO-TVのテレビのトーク・ショー『ジプシー』を始めた。彼女は1969年に転移性の肺癌にかかったが、このため死ぬ前にジューンと和解しようとした。

ロサンゼルスのジプシーの家の壁は、ジョアン・ミロ、マルク・シャガール、マックス・エルンストおよびドロテア・タニングの絵で飾られたが、それらはいずれも、伝えられるところによれば、画家自身による彼女への贈り物であった。パブロ・ピカソと同様に、彼女はスペイン内戦の人民戦線の支持者であったし、紛争中のスペインの児童の被害のため慈善金を集めた。

彼女はまた、アメリカ合衆国でチャイニーズ・クレステッド・ドッグを繁殖させるために充当される最初の犬舎のひとつを創設したが、これは彼女の死後、ミセス・アイダ・ギャレットおよびデボラ・ウッドに売却された。ジプシー・ローズ・リーは1970年、肺癌でロサンゼルスで死去した。彼女はカリフォルニア州イングルウッドのイングルウッド・パーク墓地に埋葬された。

プログラムとキャスト

チケットを購入する
JAN 2020 Next

フォルクスオーパー・ウィーン

EUROPERA Ticket

EUROPERA Ticketではウィーン・フォルクスオーパーのチケット予約を承ります。

ご予約いただいたチケットは劇場の受付、又はウィーン国立歌劇場隣の当オフィスにてお受け取りいただけます。

又、フォルクスオーパー近くのホテル、公演前後のレストランのご案内・ご予約等も可能です。

連絡先

住所;Operring 4,A-1010, Wien

電話;+43 19677622

メール;office@vienna-concert.com

 

フォルクスオーパーへのアクセス

地下鉄:U6
トラム:40 、 41 、 42
バス:40A
停車駅:ヴェーリンガーシュトラッセ/フォルクスオーパー(Währinger Straße/Volksoper)

タクシー乗り場は環ヴェーリンガーギュルテル(Währinger Gürtel・環状道路)沿いに位置しています。

又、公演終了時にはタクシーが劇場前に待機していますので、ホテルまでのお帰りがご心配な方にはタクシーのご利用をお勧めします。

 

フォルクスオーパーについて

ウィーン・フォルクスオーパーはウィーンでは国立歌劇場についで2番目に大きな歌劇場で、オペレッタ、オペラ、ミュージカル、バレエなど洗練された軽音楽が上演されます。

毎年9月から6月迄のシーズン内に約300公演、35演目が上演され、オペラ「魔笛」「トゥーランドット」、ミュージカル「マイ・フェア・レディー」、バレエ「真夏の世の夢」を始め、多大なレパートリーを誇ります。そして、何と言っても「こうもり」「メリー・ウィドー」「チャルダッシュの女王」「ワルツの夢」他、ウィーン特有のオペレッタはフォルクスオーパーの最も得意ジャンルとして常に生きる喜びに溢れた舞台音楽を堪能できます。

 

歴史

1898年、当時の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の即位50周年を記念し、建築家のフランツ・フライヘア・フォン・クラウスとアレクサンダー・グラフによって建設され、同年12月14日に開館しました。

1906年にはアレクサンダー・フォン・ツェムリンスキーが初代指揮者に就任。1907年に「トスカ」、1910年に「サロメ」が初めて上演され、世界的に有名な歌手であるマリア・イェリッツァやリヒャルト・タウバーなどが出演しました。

第一次世界大戦の時代、フォルクスオーパーはウィーン第2の歌劇場としての地位を守っていましたが、1928年に経営が悪化し倒産、翌年1929年からはオペレッタを主な演目としました。

第二次世界大戦終盤の数ヶ月はしないで2番目に大きな1,550席の映画館として使用されていましたが、終戦後、空襲で壊滅的な打撃を受けたウィーン国立歌劇場の代替役をアン・デア・ウィーン劇場とともにしばらく担っていました。

1955年に国立歌劇場が再オープンしてからは再び、オペラ、オペレッタ、ミュージカルなどの公演に復帰しますが、1991年9月より再度国立歌劇場に属し、出演歌手などが両方の劇場に所属するといった状態になっていましたが、1966年より独立。

 

 

By Bwag - Own work, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=34011212
類似したイベント