ドン·ジョヴァンニ ウィーン オペラ

ドン・ジョヴァンニ


作曲:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

初演:1787年10月29日 プラハ、国民劇場

台本:ロレンツォ・ダ・ポンテ(イタリア語)


 

【あらすじ】


時と場所:17世紀、スペイン


第1幕

騎士長邸の門前、時代は17世紀頃のスペインの町、従者のレポレロがぶつぶつ言いながらうろついている。ドン・ジョヴァンニが忍び込んで、ここの娘ドンナ・アンナを誘惑するのに、見張りに立っているのである。だが誘惑は失敗、おまけに騎士長に見つかり、決闘を申し込まれ、仕方なく老人を切り殺してしまう。アンナの恋人ドン・オッタヴィオが登場、彼は怒りを込めて復讐を誓う。
場面は変わって夜明けの街道筋、ドン・ジョヴァンニとレポレロが話し合っていると、かつてのドン・ジョヴァンニの恋人エルヴィラが通りかかる。彼女は彼を憎みながらも、内心未練を捨て切れていない。偶然の再会に2人は驚くが、ドン・ジョヴァンニはその場をレポレロに預けて、さっさと逃げてしまう。そこでレポレロは彼女を慰め、有名な「カタログの歌」をうたう。
セビーリャの小さな村では、可憐な村娘のツェルリーナと、お人好しだが嫉妬深い農夫のマゼットの結婚式が行なわれようとしている。ドン・ジョヴァンニ主従はそこへ現れ、早速ツェルリーナを誘惑しようと企む。ドン・ジョヴァンニは彼女に、花嫁にしてもいいというので、彼女の方も強く心を動揺させる。ところがエルヴィラが来合わせて、あの男のいうことを信じてはいけないと、彼女を連れ去ってしまう。
次いでアンナとオッタヴィオが来合わせ、父が何者かに殺されたので、犯人探しに手を貸して欲しいと頼まれる。ドン・ジョヴァンニは適当にはぐらかしていると、またエルヴィラが現われ、彼の不実をなじるので、アンナは父を殺したのは、あの男かも知れないと疑い出す。再びドン・ジョヴァンニ主従が現われ、レポレロがツェルリーナとマゼットを家に連れて行ったからと報告すると、ドン・ジョヴァンニは「シャンペンの歌」をうたって、快楽の喜びを謳歌する。ドン・ジョヴァンニ邸の庭園では、ツェルリーナが誤解を解こうとして、マゼットに拗ねたり詫びたりしている。ここで彼女は「ぶって、ぶって、私のマゼット」をうたう。
村人たちが集っているところへ、ドン・ジョヴァンニが召し使いたちを連れて現われ祝宴に招待する。小さなオーケストラが舞曲を奏で、宴会の雰囲気は大きく盛り上がる。仮面つけたオッヴィオ、アンナ、エルヴィラがあらわれ、ドン・ジョヴァンニの悪行を暴露しようと構えている。それとは知らずドン・ジョヴァンニは、ツェルリーナと踊りながら、誘惑しようと別室へ連れ込む。ところが間もなく鋭い女性の悲鳴が聞こえるので、一瞬その場は凍てついたように静まり、一同も固唾を呑んでみている。するとドン・ジョヴァンニが、レポレロを引っ立てて来て、この男がとんでもないことをしたのだというが、仮面の3人がそんな猿芝居にはだまされないぞと、こぞって非難を浴びせるので、ドン・ジョヴァンニ主従も彼らに対して身構える。

 

第2幕

エルヴィラの家の近くの路上、ドン・ジョヴァンニとレポレロが言い争っている。レポレロは昨夜の一件で、仕事がつくづくいやになり、辞めさせて欲しいという。だがドン・ジョヴァンニの方は、金を握らせて巧くなだめる。次のターゲットはエルヴィラの女中で、そのためにはエルヴィラを誘い出し、その留守中に目的を果さなければならない。そこで彼らは、互いに衣装を取り替える。エルヴィラがバルコニーに現われると、レポレロが主人の服装で、彼女の前に現われ、後悔の気持ちを訴えるので、彼女はすっかりその気になり喜んで出て来る。レポレロも主人に成りすまして、声色を使いながら彼女を適当に喜ばせる。
2人が消えた後レポレロに変装したドン・ジョヴァンニの登場で、マンドリンを弾きながら、有名な「セレナード」をうたう。だがそこへ出て来たのはエルヴィラの女中ではなく、マゼットと農夫たちで、相手をレポレロだと思い込んで、ドン・ジョヴァンニの行方を尋ねる。聞かれた彼は適当な方向を教えるが、マゼットが1人になると殴りつけて逃げる。入れ替わりにツェルリーナが現われ、痛めつけられたマゼットを介抱しながら、「哀れなマゼット」のアリアになる。
レポレロはエルヴィラから逃れようと必死だが、そこへアンナとオッタヴィオもやって来る。それにマゼットとツェルリーナまで、連れ立ってくるのでレポレロは絶体絶命。彼はドン・ジョヴァンニの服装をしているので、それが偽者と分かって一同はびっくり仰天、とにかくレポレロは命からがらその場から逃亡する。
場面は変わって深夜の墓地、ドン・ジョヴァンニとレポレロが、これまでの体験を話し合ったりしている。すると殺された騎士長の石像が、お前が笑えるのも今夜限りだとしゃべり出すので、レポレロは恐怖のためガタガタと震え出すが、さすがにドン・ジョヴァンニは毅然として、石像を晩餐に招待する。石像がそれに応じるので、2人は逃げるように墓地を出る。
再び場面が変わって、ドン・ジョヴァンニ邸の大広間。晩餐の用意がすっかり整って、ドン・ジョヴァンニは食事をとっている。宮廷楽団がヒット・オペラのアリアを演奏していて、レポレロも隙を狙って盗み食いなどをしている。すると突然エルヴィラが入ってくるので、ドン・ジョヴァンニは予想外の出来事に驚く。彼女は愛する男に、心を改めるように説得にあらわれたのだが、ドン・ジョヴァンニは聞く耳を持たない。もう何もかも万事休すだと諦めて、エルヴィラは部屋を出て行くが、すぐに悲鳴を上げて転がり込んで来る。さては何が起こったのかと、レポレロがドアを開けると、そこには招待した騎士長の石像が立っているではないか。それをみたレポレロは、歯の根も合わぬほど震え上がるが、ドン・ジョヴァンニはさすがに豪胆で、石像を邸内に招き入れる。石像は悔い改めよと迫るが、ドン・ジョヴァンニは拒絶する。いよいよ最後は大広間に炎が燃え上がり、悪魔の合唱とともにドン・ジョヴァンニは、悲鳴を上げながら地獄へ落ちて行く。その直後にはアンナ、オッタヴィオ、ツェルリーナ、それにマゼットなどが入って来て、レポレロとエルヴィラから今さっき起こった、恐ろしい事件の経緯を聞き、最後にドン・ジョヴァンニを除いた、すべての登場人物が、悪事を働いた者は、すべて末路はこうしたものだと合唱をして、オペラの幕は下ろされる。

プログラムとキャスト

チケットを購入する
PreviousMAY 2020

フォルクスオーパー・ウィーン

EUROPERA Ticket

EUROPERA Ticketではウィーン・フォルクスオーパーのチケット予約を承ります。

ご予約いただいたチケットは劇場の受付、又はウィーン国立歌劇場隣の当オフィスにてお受け取りいただけます。

又、フォルクスオーパー近くのホテル、公演前後のレストランのご案内・ご予約等も可能です。

連絡先

住所;Operring 4,A-1010, Wien

電話;+43 19677622

メール;office@vienna-concert.com

 

フォルクスオーパーへのアクセス

地下鉄:U6
トラム:40 、 41 、 42
バス:40A
停車駅:ヴェーリンガーシュトラッセ/フォルクスオーパー(Währinger Straße/Volksoper)

タクシー乗り場は環ヴェーリンガーギュルテル(Währinger Gürtel・環状道路)沿いに位置しています。

又、公演終了時にはタクシーが劇場前に待機していますので、ホテルまでのお帰りがご心配な方にはタクシーのご利用をお勧めします。

 

フォルクスオーパーについて

ウィーン・フォルクスオーパーはウィーンでは国立歌劇場についで2番目に大きな歌劇場で、オペレッタ、オペラ、ミュージカル、バレエなど洗練された軽音楽が上演されます。

毎年9月から6月迄のシーズン内に約300公演、35演目が上演され、オペラ「魔笛」「トゥーランドット」、ミュージカル「マイ・フェア・レディー」、バレエ「真夏の世の夢」を始め、多大なレパートリーを誇ります。そして、何と言っても「こうもり」「メリー・ウィドー」「チャルダッシュの女王」「ワルツの夢」他、ウィーン特有のオペレッタはフォルクスオーパーの最も得意ジャンルとして常に生きる喜びに溢れた舞台音楽を堪能できます。

 

歴史

1898年、当時の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の即位50周年を記念し、建築家のフランツ・フライヘア・フォン・クラウスとアレクサンダー・グラフによって建設され、同年12月14日に開館しました。

1906年にはアレクサンダー・フォン・ツェムリンスキーが初代指揮者に就任。1907年に「トスカ」、1910年に「サロメ」が初めて上演され、世界的に有名な歌手であるマリア・イェリッツァやリヒャルト・タウバーなどが出演しました。

第一次世界大戦の時代、フォルクスオーパーはウィーン第2の歌劇場としての地位を守っていましたが、1928年に経営が悪化し倒産、翌年1929年からはオペレッタを主な演目としました。

第二次世界大戦終盤の数ヶ月はしないで2番目に大きな1,550席の映画館として使用されていましたが、終戦後、空襲で壊滅的な打撃を受けたウィーン国立歌劇場の代替役をアン・デア・ウィーン劇場とともにしばらく担っていました。

1955年に国立歌劇場が再オープンしてからは再び、オペラ、オペレッタ、ミュージカルなどの公演に復帰しますが、1991年9月より再度国立歌劇場に属し、出演歌手などが両方の劇場に所属するといった状態になっていましたが、1966年より独立。

 

 

By Bwag - Own work, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=34011212
類似したイベント