伝統的な大晦日のガラ・コンサート

チケットを購入する
DEC 2020

大晦日のガラ・コンサート5&6

大晦日をテーマとする連騰的なガラ・コンサート

会場:旧レジデンツ宮殿

 

コンサート公演時間:19時00分よ22時00分

*城塞テラスにて大晦日の花火もお楽しみいただけます

23時30分:ケーブルカーにてホーエンザルツブルク城塞へ

24時00分:スパークリングワインと共に新年の花火鑑賞

プログラムとキャスト

<プログラム>

モーツアルト、シュトラウスの作品

 

演奏:ザルツブルク・ヨハン・シュトラウス管弦楽団

ホーエンザルツブルク城塞

ホーエンザルツブルク城塞は、オーストリア共和国北西部の都市ザルツブルクにある城。1996年、世界遺産「ザルツブルク市街の歴史地区」の一部として登録された。

1077年、神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世とローマ教皇グレゴリウス7世の間に起きた聖職叙任権闘争後に、教皇派の大司教ゲプハルト・フォン・ヘルフェンシュタイン1世が、皇帝派の南ドイツ諸侯のカノッサの屈辱への報復を恐れて市の南端、メンヒスブルク山山頂に建設した防衛施設。マイセン辺境伯コンラート1世(1098年頃 - 1157年)の代にほぼ完成した。神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世"バルバロッサ"(在位1152年 - 1190年)によるザルツブルク焼討ちでも焼失を免れた。15世紀後半になるとハプスブルク家、バイエルン公等の周辺諸侯の攻撃や市民の反乱に備えて強化され、鐘楼、薬草塔、鍛冶の塔、囚人の塔、武器庫、穀物貯蔵庫等が建設され、防壁が強化された。ナポレオン戦争によるナポレオンのフランス軍の占領後の1816年からは、ザルツブルク市街とともにハプスブルク家の支配下に入った。

2012年9月、トリップアドバイザーの企画「バケットリスト」の「世界の名城25選」に選ばれた。

類似したイベント