プログラムとキャスト

チケットを購入する
2月 2019

フォルクス劇場

ウィーン・フォルクス劇場は1889年に国民、とりわけ劇作家のルートヴィヒ・アンツェングルーバーと家具製作会社トーネットの希望により、王宮劇場に引けを取らずに人気のある、庶民のための劇場として建設されました。

フェルディナンド・フェルナー及び、ヘルマン・ヘルナーの設計のもと、ウィーン7区ノイバウに歴史主義建築様式で完成しました。

舞台の設計者は、ウィーン市内のより幅の広い観客層に、古典劇から新作、即興劇など様々な上演を提供する事が視野に入っていました。

この伝統は今日まで受け継がれています。古典劇の新演出は常に、フェルディナンド・ライムントやヨハン・ネストロイなどの作品の新解釈、更なる新しい作品などと共にプログラムに組み込まれています。とりわけ、オーストリア戯曲の古と新の組み合わせにご注目ください。

2005年よりミヒャエル・ショッテンブルク氏がフォルクス劇場の支配人となりました。また、この年にはウィーン5区マルガレーテンに「フォルクス劇場フンズトゥーム "Volkstheater Hundsturm" 」が開設され、ここではWojtek Klemm, Dejan Dukovski, Monochromなどの新たな作品を試みる舞台となっています。

© Bwag/Commons
© © Bwag/Commons
関連イベント